入稿データで作るということ

●数がまとまるなら、自社のデザインで周年記念のお祝いを

Adobe Illustratorというソフトを使って自由にデザインを作って時計が作れます。これは、デザインのプロでも使っている高価なソフトですが、最近ではWebの担当者がいるところなどでは、社内で活用されている会社も多くなってきました。

個人でもこのソフトを活用している人も多いので、もう一般的なのでしょう。

当店チクタク屋でも、会社ロゴを使ったオリジナル時計に「オリジナルデータ入稿」で注文できるようになっています。

大半はデザイン会社に依頼したものを送信してくることが多いのですが、自社で作ったデータで作る場合も増えてきています。普通のデータとほんのちょっと違うのは、時計特有の運針の位置とかを正確に描いてほしいということぐらいです。

このデータを使って表紙、中面、時計それぞれにマークやロゴ、文章などを印刷します。会社の周年記念、社内表彰記念品などに使うことができるとうに自由なアレンジが可能です。

●チョットだけ個人のパーティの変化をのぞいて見ましょう。

周年パーティ行事が盛大に盛り上がります。とっても企業にとっては大切な瞬間です。そこで、個人の規模で考えてみると結婚披露宴に置き換えて考えてみましょう。

最近の結婚披露宴の傾向を知っていますか?

  • 昔に比べたら規模が小さくなった。
  • 会社の取引先の来賓者が少ない。
  • ホテルからレストランウェディングが増えた。
  • 海外挙式が増えたので、ごく身内だけの招待になった。

などなど、まだまだありますが、ここ10年位で大きく変わったことがあります。

それは、主役である結婚する二人が、来賓者への「もてなす会」になる傾向が強いことです。来てくれた人達にどんな感謝の気持ちを伝えるかに変化しています。さらに、両親への記念品贈呈にも、同じように感謝の気持ちがこもったものが贈られています。

この披露宴に参加して、自宅に帰ったときその「引き出物」に余韻を残してもらえるものなのか?そんな、気遣いを感じる傾向に変わってきています。

●周年パーティなど節目を迎える企業

時を重ねてきた企業は、その行事における主役はもちろん主催者である企業にあります。その祝賀パーティなどに出席した来場者の皆さんは、ここで行われた内容を記憶していくことでしょう。

しかし、その来場者の人達が自宅に帰り、または自社に帰ったときにどのようなメモリーを残していくか。そこに、先ほどのブライダルシーンが参考になります。

来場者は、自社と長く深いつながりを持った会社も数多くいるでしょう。その人たちのための感謝の気持ちを残していくことが、次の周年記念日の行事につながっていく方法と考えます。

会社の社員全員で考えた「贈り物」。来場者のVIPノベルティとしても最適です。

分厚い本のような重厚感が人気です。数がまとまるようならお見積もりもいたします。人気のアイテムなので、11月~4月までは在庫確保がままならなくなります。その時期にご計画があれば、早めの在庫の確保をおすすめいたします。

食品メーカー・機械メーカー、国公立大学などで毎年オーダーをいただいております。

会社ロゴ ブック型置き時計

ページから、下記のひな形ダウンロードボタンを見つけて、一度ILLUSTRATOR(拡張子.ai)でレイアウトしてみてください。

ボタンを見つけて(ひな形)をDL可能

●本当の衝撃的な事実

実は、注文の際に一番多いのは、当店でお任せレイアウトタイプなんです。これには、大企業も中小企業の注文も変わらないです。ページにある「FAXオーダーシート」に大まかな希望のレイアウトをして送ってくる場合もあります。

PDFーFAX

ページにあるPDFのFAX用紙をダウンロードできます。

また、レイアウトの基となる資料や原稿を「写真送信フォーム(簡単アップローダー)」で送信していただくと、後日レイアウトの確認をしていただき、制作に移るというスケジュールになります。

soushin

写真送信フォームのボタン

チクタク屋スターキッズでは会社記念品など、時計を大量に製作希望される団体・企業様向けには、別途お見積もりをいたします。

また、社員表彰やお得意様向けに用意したいという個数限定と、他のオリジナル時計の組み合わせにも柔軟に対応しています。

秋から春にかけて益々需要が増える時期であります。在庫がない場合は日本国内生産の木製本体のため二ヶ月以上の時間がかかることもあります。

もし、予定が決まっているなら早めのご注文が必要です。

会社記念品・社員表彰・竣工記念などのイベントに

会社ロゴ木製BOOK型時計をお考えください。

贈られて受け取った人の印象が今までと違うはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。