家には壁掛け時計がないと言う

●今はファッションの一部

時折、会社に訪問してくる営業マンの左腕をみると、腕時計をしていないことが多い。時間を知ることが、他の方法でも容易になったことかもしれない。また、それがファッションの一部であった時代を経験したものから見ると、省略されてしまったのかもしれない。

アナログで刻む時間という空間と、明らかに違っている広がりのない場面で捉えるように変わってしまった。

IVY

昔のファッション誌。アイテムの中には必ず腕時計が・・・

ワイシャツの袖口を、ちょっとだけ顔のある内側にひねり時間を確認する。
もう、こんな表現は死語になってしまうかのような
『11時、13分前なので、そろそろ・・・』

今なら、スマホをポケットから徐(おもむろ)に出して、「10時47分なので、いかなくちゃ」
と空間に余裕がない。

どちらかというと、ファッションの一部として確立しているのはどんなスマホをもつかになっているのだと思う。

●腕時計だけでなく時計がない。

ちょっとだけ、職業柄聞いてみた。
「ところで、家では時計ってあるの?」
自分で言っているにもかかわらず、違和感のある質問だった。

「目覚ましもスマホの充電をかねてセットするので便利だし、知りたい時間はスケジュールソフトで通知機能をONしているので特にいらない・・・というか時計持っていない」

単身ならいざ知れず家族持ちなのだから驚きである。彼を擁護するとすれば、それが特別なことでなくなっていること。

smartphone

スマートフォンがファッションアイテムの一部に。

●時計のある暮らし

家を建てたお祝いや結婚して初めての新居を構える時に、時計を贈るということは珍しいことではない。それを裏付けるように、新築祝いに使われるオリジナル時計の注文というのは毎月一定数こなしている。

その中でも、時計本体の木枠の部分を従来のアジア圏、とくに中国で作られるものから、国内で木組みをして作る「木製壁掛け時計」を贈り物にする人が増えてきている。

handmede

国内で作る壁掛け時計の木枠部分は、手仕事の要素がさらに加わった。

特に、額縁に入った絵のようで部屋のインテリアの邪魔にならないといわれている「長方形フレーム時計」が人気である。

商品採用時のスタッフの会話。

「時計としては、本物の木を使っていて重量感があり、小細工のない直線の木の構成なのでウケるかな」

「この形状なら、横だけでなく縦にデザインしてもおしゃれかも」

「最近、プラスチック成形で軽いものが主流だけど、重さを逆手にとってテーブルの上に飾る置き時計としても使えるアピールもあるかな」

liveng image

新居に置いたイメージをふくらませる。

●アナログ時間の過ごし方

happybird

長方形フレームの時計「ハッピーバード」

あと5分という表現と、5分前と言うのは似ている。目的の時間に近いからだろう。この場合はどうだろう、 13時46分というのと14時まで14分前(15分くらい前)。後者は大概の人は円(○)の3/4あたりという図形を思い浮かべて人もいる。

なんだかこの方が、余裕があるように思えるのは私だけだろうか。

たまに、時間を知らせるだけの単機能アナログ時計と向き合って見るのもいいかも知れない。

新居に住むとき、引っ越しして心機一転の時、新築の家を建てたときなど、これを機会に新しい時間を過ごしてみる。

これが、 新築祝いには時計をプレゼントということなのだろう。

happybird

新築の家を建てた人がいるなら、長方形フレームの時計「ハッピーバード」

横長43センチの存在感。デザインを選んでご希望のメッセージをご用意下さい。
ハッピーバードがファミリーに幸せを運んでくれます♪
お知り合いで、新築された方、引っ越しされた方がいるなら、

時計のプレゼントをお祝いに今すぐどうぞ。 長方形フレームの時計「ハッピーバード」

※国内手作りで組み立ております。十分な数量を確保しながら販売していますが、商品の特質上、大量に注文が入った場合は、本体の制作納期が一ヶ月を超える場合があります。「買い物かご」の表示が在庫なしの場合は、「お問い合わせメール」にて納期の確認をお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。